効果的に美容の問題を良い状態にできる手術

裏ハムラ法とは

注射器

美容整形で目の下のたるみを解消

目の下が膨らんできて目元だけでなく、顔全体が一気に老け込んでしまったという悩みを持つ人も、多いのではないでしょうか。目の下が膨らむ、またはたるむ原因はいくつかありますが、目の周りにある「眼窩脂肪」が加齢などによって下垂してしまうことも、このような状態を生み出します。眼窩脂肪が下がって目の下に溜まることで、膨らんだりたるんでしまい老け顔を作ってしまう原因にもなってしまうのです。脂肪によって引き起こされている目の下のたるみなので、スキンケアやマッサージで解消することはできません。眼窩脂肪の下垂が原因で目の下にたるみがあるのを、仙台市内で解消したいのであれば美容外科クリニックを受診してみましょう。脂肪によって引き起こされた目元のたるみを、「裏ハムラ法」という美容整形で解消することが仙台市内の美容外科クリニックでは受けられます。裏ハムラ法は結膜部分を切開して、そこから下垂した脂肪を皮膚が凹んでいる部分へ移動させ、目の下のたるみを解消する美容整形です。目の下の膨らみと凹みを同時に解消できる裏ハムラ法であれば、目元の印象を一気に若返らせることができます。

目の下のたるみを改善する美容整形は、仙台市内の美容外科でもいくつも行われていますが、中でも裏ハムラ法は人気の施術となっています。下がってしまった眼窩脂肪を凹んでいる部分へ移動させ、目の下の膨らみやへこみを解消できる裏ハムラ法は、メスを使う美容整形としてはダウンタイムの期間が短いのが魅力です。裏ハムラ法以外に脂肪を移動させて目元の若返りを行う美容整形には、ハムラ法という美容整形もありますが、この施術法だとダウンタイム期間は1ヶ月以上に上ります。強い腫れが抜糸を行う術後1週間から2週間ほど続き、2ヶ月から3ヶ月ほどの間にわたり赤みが残ってしまう患者さんもいるようです。ハムラ法は皮膚を切開する美容整形ということもあり、ダウンタイム期間が長くまた傷跡が残るというリスクもあります。一方、裏ハムラ法はというと皮膚ではなく結膜部分を切って、そこから脂肪を移動させるのでダウンタイム期間はわずか5日から10日ほどです。もちろん顔の目立つ部分に傷跡が残るという心配も無いので、仙台の美容外科では裏ハムラ法を希望する患者さんが多いと言われています。

Copyright© 2019 効果的に美容の問題を良い状態にできる手術 All Rights Reserved.