効果的に美容の問題を良い状態にできる手術

プチ整形で美脚を作る

カウンセリング

ボトックス注射の特徴

ふくらはぎの筋肉が大きく発達していて足が太いという悩みは、メスを使わないプチ整形のボトックス注射で解消できます。筋肉の動きを抑制するボツリヌス製剤をふくらはぎ部分に注射器で注入し、筋肉を細くすることで美脚を作るプチ整形です。ただし、施術で使用するボツリヌス製剤はいくつも種類があり、中には質の悪いものを使っている美容外科クリニックもあるようです。現在、日本で認可されているのは「アラガン社」というメーカーが製造した、ボツリヌス製剤のみとなっています。このメーカーのボツリヌス製剤は管理が徹底されており、ボトックスの効果がしっかり発揮されて、さらに安全性も高いという特徴があります。もし、ボトックス注射でふくらはぎを細くしたいのであれば、高品質のボツリヌス製剤を使っている美容外科クリニックを選ぶべきです。幸い仙台市内には日本の厚生労働省が認可しているボツリヌス製剤で、ボトックス注射を行っているクリニックが数多く存在しています。高品質で安全性の高いボツリヌス製剤で施術を行うクリニックが多いので、仙台市はボトックス治療を安心して受けられる街と言えるでしょう。

ボトックス注射はとてもポピュラーなプチ整形で、仙台市内でも美容外科クリニックであれば必ずといって良いほど、施術を受けることができます。ボトックス注射は様々な部位に適用しているプチ整形ですが、ダイエットで細くするのが難しい「ししゃも足」をスッキリできるのも施術の特徴です。注射1本するだけで運動や食事制限といったダイエットで、細くすることが難しい「ししゃも足」を美脚にすることができるとして、仙台でも人気のプチ整形となっています。ただ、ボトックス注射は即効性の無い施術なので、その点はしっかり把握して美容外科クリニックで施術を受けるようにしましょう。ボトックス注射は筋肉の動きを弱める、ボツリヌス製剤を筋肉部分に注入し様々な美容効果を発揮します。筋肉の動きを抑制することで細くし、ふくらはぎ部分をスッキリさせることができるのですが、術後すぐに筋肉は細くなりません。個人差はあるもののボトックス注射後、約1ヶ月から1ヶ月半ほどするとふくらはぎが細くなったと、実感する患者さんが多いようです。

Copyright© 2019 効果的に美容の問題を良い状態にできる手術 All Rights Reserved.